読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときまき!

謎の創作集団による、狂気と混沌の執筆バトル。

小説の描写に《動き》を与える方法

海鳥まき

「小説の描写に動きがほしい!」と思ったときは、以下の2つを意識しましょう。

  1. 結果ではなく過程を描くこと
  2. 動作を分割すること

ここでは私の書いた文章を「悪例」、実作品の描写を「好例」として、比較しながら解説していきます。まずは描写がのっぺりとしている「悪例」から。

悪例1

彼女はテーブルの上に置かれていた箱から、銀色の輪っかを取り出した。(例文)

上の文章では「女性が箱から輪っかを取り出す」という結果を書き急ぎすぎています。読者に情報を伝えることは大切ですが、情報開示はワンテンポ遅らせるのが秘訣です。

プロの小説家は、次のように描写します。

☆好例

彼女は、テーブルの上に置かれていた箱を引き寄せ、蓋を開いた。中の透明なビニール袋を取り出す。袋には銀色の金属製のわっかが入っていた。

(引用『ボクハ・ココニ・イマス 消失刑』梶尾真治/光文社)

「箱からわっかを取り出す」という動作を「引き寄せる」「蓋を開く」「ビニール袋を取り出す」の3つに分割しています。ここにリアリティと動きが生まれます。

はっきり言って、いちいちこのような細部を意識して描写するのは(書き手としては)面倒に感じる作業です。だからこそ、ただ何となく楽に楽にと思考のままに書いているだけでは、上記の描写はできません。

名文ではない、一見して何の変哲もない描写にこそ、工夫が籠められています。

悪例2

彼女は、木目調のテーブルの上に置かれている黒の高級そうな箱のロックを外し、中からジッパーで密閉されたビニル袋を取り出した。袋のなかにはステンレス製だろうか、直径十センチほどの銀色のわっかが入っていた。(例文)

別の悪例を書いてみました。

過剰描写の例です。読者に伝える必要のある情報以外の描写に力を入れると、途端にリーダビリティが落ちます。

動きを出すのが目的であれば《行動描写》のみを分割してみることが大切かもしれません。

悪例3

彼女は箱の中から銀色のわっかを取り出した。その時点で俺には嫌な予感がしていた。囚人にとって《輪》とは、手錠や足かせをはじめ、拘束具を意味する。では目の前のリングは、その大きさから鑑みて首に着用する首輪ではないのか。俺は恐怖にわなないた。(例文)

心理描写を付け加えた例です。心理描写によって、先の展開のネタバレをするのは、まずやらない方が良い(ベター)です。

「箱から取り出した輪っかをどう使うのだろう?」という好奇心が読んでいる最中に生まれ、それが読者にとっての推進力となります。意図的にミスリードを誘うのならまだしも、下手な《予測》を心理描写中に入れると読み進める楽しみを奪ってしまいます。

読ませる描写において「情報を待機させる」という考え方は非常に重要なポイントとなります。(小説に限らずセールスレターやコピーライティングの世界でも、情報待機のレトリックが用いられます)

「動作を分割させる」をもっと詳しく

他作品の例も挙げてみます。

私は墓地の手前にある苗畠の左側からはいって、両方に楓を植え付けた広い道を奥の方へ進んで行った。するとその端れに見える茶店の中から先生らしい人がふいと出て来た。私はその人の眼鏡の縁が日に光るまで近く寄って行った。そうして出し抜けに「先生」と大きな声を掛けた。先生は突然立ち留まって私の顔を見た。

(引用『こころ』夏目漱石/青空文庫

結果だけを描くのであれば「墓地近くの茶店で先生を見かけたので声をかけた」の一文で事足りる。それが小説となると(上の文章の場合)146文字まで引き伸ばされるわけです。

「先生に声をかける」の結果に至るまでのプロセスとして、「苗畠に入る」「道を進む」「茶店から先生が出て来る」「近寄る」と分けて分けて描写する。しかも決して無意味な情報の羅列ではなくて《私》のストーカー気質な性格だとか、先生の暗い過去を匂わせる《墓地》というキーワードだとか、いろいろと仕込まれている。

さらに細かいことを述べると、上記の描写は「手前から奥へ」視点をフォーカスさせることによって動きを持たせています。

  1. 苗畠(手前)
  2. 両方に植え付けられた楓(少し奥)
  3. 端れに見える茶店(最奥)
  4. →先生に寄っていく(再びズームイン) 

「手前から奥へ」の順序で描写する手法を序次法(じょじほう)といいます。小説の基本テクニックのひとつですので、覚えておくと役に立ちます。序次法については次記事で詳しく解説をします。

描写では(動作の主体となる人物の)視線の動きを意識して描くと、格段に良くなります。基本は近くから遠くへ。

午後の三時頃で、冬の日が、お庭の芝生にやわらかく当っていて、芝生から石段を降りつくしたあたりに小さいお池があり、梅の木がたくさんあって、お庭の下には蜜柑畑がひろがり、それから村道があって、その向うは水田で、それからずっと向うに松林があって、その松林の向うに、海が見える。海は、こうしてお座敷に坐っていると、ちょうど私のお乳のさきに水平線がさわるくらいの高さに見えた。

(引用:『斜陽』太宰治/青空文庫

「いい景色だった」で終わるところをここまで分割して詳細に描くのが、小説の技法です。これもやはり「手前→奥」へと視線が移動していきます。

芝生→石段→池→蜜柑畑→村道→水田→松林→海へと、奥へ奥へ。風景そのものは一枚画として写真にも収まるものでしょう。しかしこのように手前から奥へと順番に進んでいくことで、映画やアニメのような動きを持った情景描写となります。

それにしても、太宰治はなかなか描写が色っぽいんですね。人間失格が代表作として語られていますが『斜陽』『パンドラの匣』『女生徒』『グッド・バイ』あたりを読むと印象が一変しますよ。

まとめに入ります。

  1. すぐに結果を描くのではなく、まずは過程を描く(情報を待機させる)
  2. 動作を分割させる(輪を取り出す→箱を引き寄せる/蓋を開く/袋を見せる) 
  3. 視線を分割させる(手前から奥へ ※視線分割の技法は、次記事の序次法のところで詳しく書きます)

『ボクハ・ココニ・イマス 消失刑』のレビュー

今回、最初に引用に用いた作品『ボクハ・ココニ・イマス 消失刑』(梶尾真治 著)について簡単に感想を書こうと思います。

ボクハ・ココニ・イマス 消失刑

ボクハ・ココニ・イマス 消失刑

 

『消失刑』というのは、簡単に言えば受刑者を透明人間にしてしまう刑罰のことです。消失刑を受けると、受刑者は誰からも姿を視認されなくなり、会話や文章によるコミュニケーションはおろか、人に近づくことさえできなくなってしまいます。

そのうえ、(刑罰なので当然ですが)銭湯で覗き見するなどの犯罪行為はできないようになっていますし、テレビなどの娯楽も禁止されます。

このような「対象をぼっちにする!」刑罰である消失刑を受けた主人公を軸に物語が進みます。作品全体のテーマは《孤独》です。

書き手視点から視たすごいところ

本作は『主人公は誰ともコミュニケーションを取ることが許されず、一切の(エキサイティングな)犯罪行為を取ることができない』という設定を守って書かれている、ある種のシミュレーション小説です。

これ自体が、すごい。

小説とくにエンターテイメント小説は、どんな形であれ、主人公のコミュニケーションによって物語が進みます。《コミュニケーション禁止》の縛りはなかなかに、書き手としてはきつい。大変難しい。

透明人間になってエロいことができるならともかく、本作の主人公はそもそも他者の半径一メートル以内に近づくことさえ許されません。そんな、他者と一切の接触を禁止された状態で、どうして話が進展していくのか。

人間関係を描くことで《孤独》を表現するのは難しくありません。いじめだとか、仲間の裏切りだとかを描きます。しかし、他者からその存在そのものを無視される《孤独》を長編原稿で書くのは、うむぅ……何とも骨が折れる。

コミュニケーションのない小説なんて、ふつうに書いていて面白くなるはずがない。それを最後まで読ませてしまう筆力は評価されるべきだと感じます。

(終わり) 執筆・改稿/海鳥まき ※旧筆名オロロン

【目次】「長編を書き切るための小説講座」へ戻る

ホラ吹きの語る《希望》は…(はてな題詠「短歌の目」第11回9月)

月波ツカサ

はてな題詠、参加はこれが2回目となります。第二期スタート、とても嬉しいです。

今回のテーマは「秋」ですね。肌寒くなってくると心なしか憂鬱になったり孤独を感じたり、そんなときこそ短歌を詠みませう! 

tankanome.hateblo.jp

 

1. 星

承認に飢えし星喰いブクマする スターください! 紫スターで!

 

2. 吹

ホラ吹きの語る《希望》は虚構だが命を救うプラセボもあり

 

3. はちみつ

人生は甘くないとか言う奴にぶっかけてやれハチミツの壺

 

4. 川

川の字になって寝ている三角の恋にもつれた男女三名

 

5. 秋刀魚

リスカする私を見てる秋刀魚の眼 死んだサカナと死にたいワタシ

 

テーマ「秋」(5首)

 

6

「恋がしたい」ポテチを食べてソファに寝て 秋アニメ見て想う夜更けよ

 

7

残業を終えた靴先山へ向く 冬眠したい クマになりたい

 

8

足元に落ちた紅葉とアスファルト 黒いスーツが似合わぬ自分

 

9

真っ白のシーツかぶってダンスする ハロウィンの夜わたしはひとり

 

10

明日から本気を出すと決意して 十ヶ月経ち気がつけば秋……。

 

ありがとうございました。

 

前回詠んだ短歌

(終わり)

報われない無垢な努力を迎え入れる

月波ツカサ

努力が報われないと感じることが多々ある。

本当に、このまま頑張ってもうまくいくのだろうか、徒労に終わるのではないか。

そんな心の囁きが、やる気を根こそぎ奪ってゆく。

 

いろんなことを言う人がいる。

「報われない努力なんてない。行動には必ず結果が伴うんだ。因果応報!」

「努力が報われないなんて思っているうちは、まだ甘い。それは本当の努力じゃないんだぜ」

「下手に努力に見返りなんか求めない方がいいよ。裏切られるから」

どれが正しいのだろうか?

 

でも、よくよく考えてみれば、100%報われる完璧な努力というのも存在しないし、逆にまったく結果が返ってこない0%の報いというのも無いような気がする。

イチかゼロかのデジタルではなくて、もっと曖昧な関係が「行動と結果」の間にはある気がするんだ。

 

努力が報われないものだと感じるものの、完全に報われない完璧な努力も存在せず、結局のところ68%の努力で35%報われた的な、中途半端な行動と結果の現実を受け入れつつも、前に進んでいかなければと思った。

 

【終】

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)の幸福論

月波ツカサ

私はアイ。

ロールプレイングゲーム王国に住む、14歳のNPC (non player character)

独自AI (Artificial Intelligence 人工知能)を搭載していて、自分の頭で考えて行動することができるの。当たり前でしょ?

 

この街の人たちは、ほとんどがNPCなの。

みんな幸せに仲良く暮らしているんだよ。モンスターは怖いけどね。

 

ある日、街にユウシャの男の子がやってきた。

でもその人はPC (player character)だったの。

外観はわたしたちと同じなんだけれど、彼は自由意志 (free will)を持っていない。

制御機械の十字キーやA・Bボタンで操られているお人形さんなの。

 

街の人たちは、ユウシャの男の子を哀れんで、とても優しく接するんだよ。

恐れという感情を知らない機械のユウシャでなければ、モンスターは倒せない。

私もその意味では、街の平和を守ってくれるユウシャに感謝しているし、みんなと同じように彼のことを「かわいそう」って思う。

 

でも、本当はユウシャのこととっても好きなんだ。

いつかユウシャにも、私たちと同じココロが宿るといいな。

 

【終】

小説のプロット作成ツール(タロットプロット)を大幅にアップデートしました!|ブログ2周年記念

海鳥まき

ときまき!は2016年9月13日をもって運営2周年を迎えました。

これを記念して、小説や漫画のプロットを作るためのアイデアツール『タロットプロット』を大幅にアップデートいたしました。

タロットプロットとは?

タロットプロット

 

初めての方は、ぜひ上のサイトにアクセスしてみてください。

タロットプロットでは、156枚の創作カードを展開し、プロットのアイデアを出していきます。キャラ設定や世界観設定を掘り下げていくのに役立つツールです。

タロットプロットについて詳しくは1年前のブログ記事

でも書いています。去年いくつか挙げていた「改善案」の部分は今回のアップデートでほぼ実現できました。

今回アップデートでの変更点一覧

1.「レスポンシブデザイン」に完全対応

レスポンシブデザインに完全対応し、PC・スマホ・タブレットなどあらゆるデバイスで、全く同一のコンテンツが閲覧できるようになりました。

2.「占い結果のツイート機能」の実装

タロットプロットで占った結果をツイッターで呟けるようになりました。ツイートのリンク先のURLにアクセスすれば、(カード内容が変わることなく)同一の占い結果が表示されます。

URLパラメータを悪用した不正攻撃(クロスサイトスクリプティング)への対策も万全です。パラメータの中身をどのようにいじられたとしても、安全に使えるようにしています。

3.「占い結果ページのブックマーク保存」が可能に

従来版はJavaScriptで処理をしていたため、占い結果を保存する方法が「占い結果コピーフィールドからコピー&ペーストしてメモ帳に貼り付ける」しかありませんでした。

今回、占いシステムの根幹をJavaScript→PHPへと切り替え、占いページのURLパラメータに結果が表示される仕様としています。

URLで占い結果が固定されるので、占いページをブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録すれば、いつでも同じ結果を閲覧できます。

例えばスマートフォンから占っていて結果を保存したいとき、ページをブックマーク登録しておけば、あとでPCからも同じ結果を見ることができます。(ブラウザのブックマーク同期をしている場合)

4.「通常モード」と「SPモード」の機能拡充

占い結果を上から順番にリスト形式で読み込んでいく「通常モード」に加え、タロット占いのようにカードをスプレッド展開できる「SPモード」を用意しました。どちらもPC、スマホの双方で使えます。

ちなみにSPモードは(スペクタクル・スペシャル・スプレッドモード!)の略です。通常モードとSPモードは、結果画面でも切り替え可能です。

5.「フリースタイル」の大幅強化

自由にカード展開ができる「フリースタイル」のバリエーションを増やしました。タロット占いではおなじみの《ヘキサグラム展開》や、大塚英志氏考案のプロット作成展開法も、フリースタイルで占えるようになりました。

なお、フリースタイルでの占い方式はSPモード限定となります。

6.「カードリスト」ページの増設

新設した「カードリスト」では、全156種のカードの一覧、およびヒントキーワードを閲覧できます。「Ctrl+F」で気になる単語をページ内検索してみれば、何かしらのインスピレーションが得られるかもしれません。

7.「旧デザイン版タロットプロット」の保管

今回、デザインや仕様を大幅に変更しました。「前のバージョンの方が使いやすかったのに」という声はあるだろうと予測しています。そのため、旧バージョンのタロットプロットをまとめてサブドメインの方に移転しています。

旧タロットプロット( http://previous.tarot-plot.com/ )のページから引き続き従来版もご利用いただけます。

トップページのデザインは旧版の方がお洒落でしたね。その辺りの未練はあります。

所感

去年のブログ記事で

頂いたアドバイスは必ず、今後の改善に繋げます。

と誓ってから早一年。だいぶ遅くなってしまったものの、ようやく実現できて良かったと心底思います。

開発当初はPHPのPの字も知らないくらいで、頑なにJavaScriptですべて実装することに拘っていました。今にして思えば、PHPを使ったほうが、占いシステムを作るのは圧倒的に楽だったのですね。

もっとはやくにPHPを勉強しておけばよかった……。

タロットプロットはマネタイズが目的ではなく(というより毎月1000円の赤字を出してまで運営を続けているサイトなのですが)とにかく小説のプロット作りをもっと楽にしたい!という一心でサイトを完成させました。

サイト開発に要した時間をかければ、じつは長編小説が3本くらいは書けちゃうのですが、それでもタロットプロットを使って小説のプロットを作れるようになりたい、そしてあわよくば「新人賞を受賞したい!」という希望の限りが当サイトには籠められています。

私が受賞パーティに出席できたあかつきには、それはもちろんタロットプロットを大々的に、もっとたくさんの人に広めたいと考えていますし、もし皆様が受賞するのに本ツールがお役に立てたのであれば、ぜひ「タロットプロット」を作家志望の友人におすすめください。

今回「レスポンシブデザイン」と「PHPによる占いシステム」を導入したことで、今後の開発がものすっごく(今までの苦労に泣きたくなるくらいに)やりやすくなりました。

タロットプロットはまだまだこれからも、進化を遂げる予定です。今後のアップデートにご期待ください。

あともし不具合など見つかりましたら、

に匿名でも良いのでお気軽にご連絡ください。

この3日間はひたすらに不具合をやっつける作業をしておりまして、奴はモグラのようにポコポコと出てくるので困ったものです。

あと最後になりますが、タロットプロットは運営1年以上になるにも関わらず(私が宣伝とコンテンツ拡充を怠けていたために)ほとんど誰にも知られていない超マイナーなWebサービスです。

アクセス解析を見ても、1日に数人がちらほらと訪れるくらいで、普段は閑古鳥が鳴いております。でもここで「シェアしてください!!」というのはなんだか違う気がして、Webサービスは何よりも人の役に立てなければいけない。

タロットプロットの目的は単純明快にして強欲で「タロットプロットでプロットを作って新人賞を突破しよう!!」の一言に尽きます。

したがって、本ツールを活用した新人賞受賞者が誕生して初めて、私はタロットプロットを作った目的を果たせたといえます。アクセス数だかPV数だかよりも、こちらの方がはるかに重要です。

(今この記事を読んでいるのが作家志望者だと仮定して)皆さんぜひ受賞をかっさらってやりましょう!! 私も全力で頑張ります。タロットプロットは、受賞レベルのプロット作成に耐え得るツールを目指して、今後も改良を続けるつもりです。

タロットプロットが皆様の創作の一助となりましたら、私としてはこれほどに幸せなことはありません。

(了)

【目次】「長編を書き切るための小説講座」へ戻る


Copyright (C) 2014-2017 五条ダン All Rights Reserved.