読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときまき!

謎の創作集団による、狂気と混沌の執筆バトル。

雨の日は、中二病になろう。

時巻エイ

雨の日に失恋した僕は、雨が好きになれない。

強いて好きな部分を挙げるならば、傘をひらける瞬間が好きだ。

 

こう、雨雲が立ち込めてきて今にも降り出しそうなときに、

(ふっ……。あれを、使うか)と、おもむろに鞄から折りたたみ傘を取り出す。

そして天高く、傘を掲げ、心のなかで叫ぶんだ。

 

展開せよ!! 《レーゲンシルム》防御形態!!!*1

 

 

もう、かっこいい。傘のひらく瞬間がかっこいい。

《――刹那――》という地の文を入れたくなるほどに惚れ惚れする。

中二病だから恋がしたい。

 

「東京喰種」がアニメ化されたときには僕も大いにハマっていて、自分の傘のことを《クインケ》と呼んでいた。

(ふふふ、私のクインケは少々変わり種でね……、真の姿をご覧に入れましょう)と、心のなかで呟きながら折りたたみ傘をひらけていた。

雨は嫌いだが、傘を差す瞬間だけは少年のように目がキラキラしている。

ちなみに駅の自動改札でIC定期券をかざして《変身!!》と心で唱えるときも僕は輝いている。

 

今では「雨傘」と呼ぶケースが多いけれども、「洋傘」と書いて「こうもり」と読ませるのもなかなか乙なものである。

彼女は路傍の砂利積に撒布た石灰の上に黒い洋傘を投げ出して、両袂を顔に当てながら泣きジャクリ始めた。

(引用:夢野久作『少女地獄』)

夢野久作の文体は、並々ならぬ中二魂を感じる。影響された物書きも多いと思う。

「撒布た」で「まいた」と読ませ、「洋傘」で「こうもり」、そして「泣きじゃくり」ではなく「泣きジャクリ」なのだ。かっこよすぎて痺れる。

夢野久作は代表作の『ドグラ・マグラ』『少女地獄』ともにエキサイティングな作品なので、面白い小説を探している人は騙されて読んでみて欲しい。

少女地獄 (角川文庫)

少女地獄 (角川文庫)

 

 

カッコイイといえば、もうひとつ捨て置けない中二アイテムがある。

 

雨合羽《レインコート》

 

エクセレント!!

シンプルな漢字、シンプルな響き、それでいて異能力バトル感あふれる非日常なネーミングセンス!

 

なんて、しょうもないことを考えながら帰路を歩いていたとき、めっちゃラブラブな相合傘のカップルとすれ違った。

 

(悪いな……この傘は、一人用なんだ)

頭のなかのスネオが言った。

 

 

雨の日は、中二病になろう。

 

(おわり)

 

今週のお題「雨の日が楽しくなる方法」

 

 

*1:Regenschirm:ドイツ語で雨傘


Copyright (C) 2014-2017 五条ダン All Rights Reserved.