読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときまき!

謎の創作集団による、狂気と混沌の執筆バトル。

原稿の推敲・校正・リライトを支援する5つの文章チェックツールを作りました!

海鳥まき

お久しぶりです。タロットプロット広報担当の海鳥まきです。このたび、タロットプロットに5つの文章チェックツールを追加しました。

原稿の推敲・校正・リライト作業を支援するためのツールです。お役に立てるかどうかは分かりませんが、なかなかに面白いものができました。

(※記事投稿時は3種類でしたが、その後ツールが5つに増えました)

 1.「リライトマーカー」多用・乱用しがちな文章表現をハイライト

文章推敲支援ツール「リライトマーカー」

リライトマーカーは、主にWebライターの方向けのリライト支援ツールです。

テキストボックスのなかに文章をコピー&ペーストするだけで、注意すべき表現に赤色マーカーをつけてくれます。(上記画像をご参照ください)

画像中では「こと」や「もの」といった単語がハイライト表示されています。「~すること」「~するもの」は得てして抽象的な表現となりがちで、より具体的な言葉に置き換えた方が読みやすくなるケースが多いです。

他にも、

  • また、~
  • ~という~
  • ~など、
  • すごい
  • いろいろ

といった、ついつい多用しがちな注意語句を118個登録しています。実際にどのような語句に赤色マーカーが付くのかは、ぜひご使用になって確かめてみてください。

なお、赤色でハイライト表示された語句は決して「使ってはいけない表現」ではありません。あくまで多用・乱用しがちな表現、代替可能な表現をピックアップしています。

赤色マーカーのついた語句を別の単語に代替できないか」と考えてみることで、表現力向上に繋がります。

2.「接続詞検出機」接続詞を自動抽出してハイライト

文章推敲支援ツール「接続詞検出機」

名前のとおりのツールです。リライトマーカーと同じく、テキストボックス内に文章をコピペすると「接続詞」を赤色マーカーでハイライト表示します。

ブログの執筆やWebライティングだけでなく、小説原稿の推敲にも使えるツールです。

現時点で96個の接続詞を検出することができます。

3.「会話文抽出機」小説原稿から会話文だけを抜き出して一覧表示

小説推敲支援ツール「会話文抽出機」

お手持ちの小説原稿を全選択コピーして、上のツールのテキストボックス欄に貼り付けてみてください。自動的に「地の文」が除去されて、会話文だけが一覧表示されます。

使い道あるの?と思われるかもしれませんが「キャラの口調がぶれていないかをサクッとチェックしたい」といった場合になにげに便利です。

注意点として、二重鉤括弧(『会話文』)は検出されません。

ブラウザのMicrosoft EdgeはJavaScriptの処理に時間がかかり、10万文字超の長編原稿を貼り付けると固まる場合があります。使用ブラウザはChrome推奨です。

青空文庫の小説(太宰治の『人間失格』や夢野久作の『ドグラ・マグラ』など)も全選択コピーして本ツールにペーストすれば、会話文だけを抜き出せます。文学研究にもぜひ会話文抽出機をご活用ください。

4.「指示語検出機」テキスト内のこそあど言葉をハイライト

文章推敲支援ツール「指示語検出機」

さらに4つめのツールとして「指示語検出器」を新たに作成いたしました。

「これ」「それ」「あれ」など、計32種類の指示語(こそあど言葉)を検出することができます。 指示語を使いすぎていないかのチェックに使います。

5.「括弧マーカー」テキスト内の括弧を7色に色分け表示

小説推敲支援ツール「括弧マーカー」

テキスト内に出てくる括弧を種類別に七色のマーカーでハイライト表示するツールです。

「鍵括弧」『二重鉤括弧』(丸括弧)【隅付き括弧】〈山括弧〉《二重山括弧》[大括弧]と言った感じでカラフルに表示されます。 

例えば「会話文の前後の描写を見直したい」といった場合に、マーカーを手がかりに効率的に原稿をチェックすることができます。

おわりに

何か不具合や改善点がありましたら、筆者のツイッターからでもメールフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。

これからもタロットプロットは、創作支援のツールを充実させていく予定です。実のところ、タロットプロットはほとんど利用者のいない、あまり知られていないマイナーな創作支援サイトです。 

シェアしてください!と声を大にして言うのも恥ずかしいのですが、それでもより多くの創作者に知ってもらいたい気持ちは強く、もし宜しければSNSやブログ等で本ツールをご紹介くださいましたら(中の人が)泣いて喜びます。

(追記)

当記事公開後、とてもたくさんの方がツイッターやFacebookでタロットプロットを紹介してくださり、本当に 感謝の念に堪えません。飛び上がって喜んでいます。

その後、各種の改善を加えましたので合わせてお知らせいたします。

「リライトマーカー」で、小説文体だとマーカーが過剰検出されてしまう問題を改善する《小説モード》のチェックボタンを実装しました。チェックのON・OFFを切り替えることで、リアルタイムにマーカー検出量を増減できます。

また、各文章チェックツールにおいて「文字サイズ変更」「マーカー色の変更」「フォントの変更」ができるようにしました。こちらもリアルタイムに切り替え可能です。

ではでは、今後ともタロットプロットと時巻クラブをどうぞよろしくお願いいたします。

(終わり)

関連記事

【目次】「長編を書き切るための小説講座」へ戻る


Copyright (C) 2014-2016 時巻クラブ All Rights Reserved.